名誉棄損による慰謝料

書き込みインターネットを誰もが日常的に利用するようになりましたし、気軽にネット上に書き込みをする方も増えてきました。匿名で他人を貶めたりする方も現在では大勢いますが、こうした行為が名誉棄損になってしまうこともあります。名誉を棄損する行為は不法行為となりますし、慰謝料や損害賠償義務が生じます。

もちろん、名誉棄損はネット上の書き込みだけに適用されるわけではありません。社会的評価を落とされた場合にはそれがどのような方法であったとしても名誉棄損として慰謝料を請求することが可能になります。もちろん、ケースバイケースにもなりますが、このあたりは弁護士に相談してみるとよく理解できるでしょう。

近年では気軽にネット上に書き込みをして結果的に名誉棄損で訴えられるというケースも増えています。著名人相手に好き放題書いていた人が名誉棄損で訴えられた挙句に慰謝料を請求されたという話も耳にします。今後はこうしたことはさらに増えていくのではないでしょうか。名誉棄損で訴える、もしくは慰謝料を請求するといった場合にもやはり法律の専門家である弁護士に相談したほうがスムーズに手続きが進みます。気になった方はこの分野に強い弁護士に相談してみましょう。

~関連記事~
交通事故被害の慰謝料
不倫の慰謝料
さまざまな慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket